Top >  オフショア市場 【入門編】 >  なぜオフショアは儲かるの?

なぜオフショアは儲かるの?

なぜ、オフショア市場は儲かるのか?

気になったことはありませんか?

普通では考えられないくらいの、ハイリターンの金融商品が存在する理由です。


オフショアでは、大したリスクを負わなくても、

年間金利が7%。そのくらいの金融商品は普通です。

これは怪しい・・・・。怪しすぎる・・・。

そう思ってしまうほど、高金利、ハイリターンですね。


ですが、オフショア市場は怪しいことをしているわけではありません。

高金利、ハイリターンを生み出せるだけの、きちんとした理由があるのです。


その理由は大きく分けて3つ。


一つ。優秀な人材が世界中から集まること。
一つ。圧倒的な資金
一つ。資産運用に有利な法律整備


オフショア市場が儲かるのは、以上のことが理由です。


では、儲かる理由を詳しく見ていきましょう。



 優秀な人材が集まる場所

オフショア市場には、世界中から優秀な人材が集まります。

金融市場を知り尽くした、金融エリート達です。

彼らは、億単位の資金を、当然のように運用するような人材です。

まさに金融業界のスーパースターです。


そういった人材が、オフショア市場の特性に惹かれて、どんどん集まります。

金融のスーパースター軍団が組むポートフォリオは、

当然、利回りが高くなります。さらに、運用の手腕もプロフェッショナルです。


個人が独学で資産運用をする場合と、圧倒的な差が出ます。

近所の草野球と、メジャーリーグくらいの差があると言っても良いでしょう。


優秀な人材が世界中から集まること。

これが儲かる理由です。



 圧倒的な資金


税制特区という特性を持つため、オフショアには資金が集まります。

資産家や、大企業、そういった億単位の資産を持つ方が、

オフショアに進出してきます。(税金がかからないから)


そうすると圧倒的な資金が、すぐに集まります。


本格的なポートフォリオ(金融商品)を組むのには、

10億以上が必要と言われています。多額の資金があれば、

運用リスクを低くしつつ、高い収益性を確保できます。


ともかく、小額の資金で運用するより、多額の資金で運用したほうが、

効果が高いことは、資産運用の常識です。


圧倒的な資金があるから、利回りが高くなる。

これも儲かる理由です。


こうなると、好循環が起こります。

マネーがマネーを呼び、人が人を呼びます。

運用実績が上がる⇒資金が集まる⇒さらに運用実績が上がる⇒実績があればまた資金が集まる


そういった好循環が発生し、オフショア市場はさらに発展していくのです。



 資産運用に有利な法律整備

圧倒的な資金と、優秀な人材のほかに、もう一つ儲かる理由があります。

それは、資産運用に有利な法律があることです。


税制特区は、資金を集めるために政府主導で作られた地域ですから、

資産運用をしやすい法律が定められています。


税金がかからないという利点のほかにも、有利な点が多く在ります。


例えば、銀行と証券会社の垣根が無く、資金の流れがスムーズだったり。

また、国内からでは購入できないような、外国の金融商品を購入できたり。


金融制度。法律。情報。資金の流れ。

海外投資をするには、これほど有利な場所は他にはありません。


資産運用に有利な法律整備。これも、オフショアが儲かる理由です。

         

オフショア市場 【入門編】

関連エントリー

オフショア市場が5分で分かる なぜオフショアは儲かるの? オフショア市場のメリット。その① オフショア市場のメリット。その② オフショア市場  デメリット1 オフショア市場  デメリット2 海外投資は税務署が監視!