Top >  オフショア市場 【入門編】 >  オフショア市場のメリット。その②

オフショア市場のメリット。その②


 オフショアの税金システムを上手に使うと、節税になる。

オフショア市場は節税に使えます。

オフショアで得た利益には、日本で税金がかかりますが。

それでも、オフショアの特性と、法律を上手に使うと、合法的に節税できます。


海外法人を設立して、合法的に節税する方法など。

海外投資をすることでの節税方法は、星の数ほどあります。


日本では、海外口座の設立が公に認められたのも最近ですので、

まだまだ法律が追いついていません。(日本版ビックバンと呼ばれる外為法改正は98年施行)

そのため、海外投資をする方と、税務署のいたちごっこが続いています(笑)


多くの資産を持つ方は、海外投資に詳しい、専門家に、どんどん相談しましょう!

(まとめ)オフショア市場のメリット


一つ。ハイリターンの金融商品に投資できる

一つ。リスクヘッジ(国際分散投資)

一つ。オフショアの税金システムを上手に使うと、節税になる。


オフショア投資は、上手に使えば大きなメリットがあります。

ハイリターンな投資先、リスクヘッジ、節税、などなど。

資産運用を真剣に考えている方でしたら、必ずたどりつくでしょう。

自分の資産は、人任せにせず、自分で守る時代がやってきました。

ここから広告⇒遠目から見てもハッキリと緑色だとわかりそうな高発色カラコンまとめ。緑カラコンのワンデー度あり
以上ここまで。


 オフショアのメリット。世界中、どこでも現金を引き出せる


オフショアを活用することメリットですが、

資産運用以外に、おもしろいメリットがあります。


国際キャッシュカードと呼ばれるものを持っていれば、

世界中、どこでも現金が引き出せるようになります。


アメリカに出張に行ったとき、現金が足りなくなったとします。

そのとき、海外口座を持っていれば現地で現金が引き出せる。


出張を終え、日本に帰る前。

なんとなくヨーロッパ旅行に行きたくなったとき、

ヨーロッパの空港にあるATMで現金を引き出せる。


こういったことが可能になります。

ATMは、国際的なネットワークに対応している機種が必要ですが、

空港などには、絶対に置いてあるものです。


世界中、どこからでも現金を下ろせるため、動きが早くてスマート。

これは、かっこいいですね。


世界を飛び回るスーパービジネスマンを目指すなら、

海外口座を持っていることが、有利に働きますね。

世界的な知名度を持つ、銀行でしたら、

国際キャッシュカードを発行しています。興味のある方は検討してみましょう。

         

オフショア市場 【入門編】

関連エントリー

オフショア市場が5分で分かる なぜオフショアは儲かるの? オフショア市場のメリット。その① オフショア市場のメリット。その② オフショア市場  デメリット1 オフショア市場  デメリット2 海外投資は税務署が監視!