Top >  オフショア市場 【入門編】 >  オフショア市場のメリット。その①

オフショア市場のメリット。その①

オフショア市場で資産を運用することは、一体どんなメリットがあるのか?

オフショア投資のメリットについて、解説します。


オフショア投資のメリットは、大きく分けて以下の3つ。


一つ。ハイリターンの金融商品に投資できる

一つ。リスクヘッジ(国際分散投資)

一つ。オフショアの税金システムを上手に使うと、節税になる。


では、メリットを一つづつ細かく見ていきましょう。



 ハイリターンの金融商品

さきほどの、なぜオフショアは儲かるのか?でも話しましたが、

オフショアは、ハイリターンな金融商品を生み出す準備が整っています。

税制特区の特性を生かし、大量のマネーと、優秀な人材を集めた結果、

世界トップクラスの、ハイリターンな金融商品が誕生しました。


普通預金でも、年利6~7%という口座も、ごろごろしています。

ちなみに、これだけの高金利であっても、

オフショアでは「ローリスクな投資先」に分類されます。


これからオフショア投資をはじめる方に最適なのは、

「米国系の投資信託」です。

アメリカの証券会社は日本と違い、「いかに顧客の資産を増やすか?」が

経営の最重要課題となっているので、10%前後のリターンを期待できます。


例として、Federated Managed Incom Sel という米国系ファンドを見てみますと、

やはり運用益は、10%前後になります。

もちろん元本割れのリスクもありますが、

資金1.500$程度から投資できるので、チャレンジしてみる価値は充分です。


オフショアに海外口座を開設することで、

こういったハイリターンの金融商品を購入できるようになります。



 リスクヘッジ(国際分散投資)

オフショア市場で海外口座を開設し、

日本国内だけでなく、海外にも資産を移しておきます。


どの地域のオフショアを利用するかによって変わってきますが、

オフショアからは、世界中の金融商品を購入できます。

資産運用のリスクを分散させるために、複数のファンドを購入します。


保有する資産を、複数の通貨に分散させておきます。(国際分散投資)

さらに、資産を保有している国家、金融商品の特性(通貨、金、エネルギー、食料)。


ちゃんとした国際分散投資をしておけば、国家レベルの問題が起きたとき、

あなたの資産は、大して打撃を受けません。

仮に日本で預金封鎖が起こっても、あなたの資産は安全です。


一方。一つの国家、ひとつの銘柄に集中している方は、

自分が資産を預けている場所が潰れれば、それで破産です。

そういった事態を避けるために、オフショア市場は役立ちます。

オフショア市場のメリット。その②に続く


カラーコンタクトが送料無料。川端かなこ マックスカラーシャイニーを売っています。気モデル川端かなこちゃんプロデュース。シャイニーブラウン・シャイニーブルー。ヤマト運輸にてカラコン全品送料無料。沖縄や離島の場合は送料がかかります。 川端かなこ マックスカラーシャイニーが送料無料

         

オフショア市場 【入門編】

関連エントリー

オフショア市場が5分で分かる なぜオフショアは儲かるの? オフショア市場のメリット。その① オフショア市場のメリット。その② オフショア市場  デメリット1 オフショア市場  デメリット2 海外投資は税務署が監視!