Top >  オフショア市場 【入門編】 >  海外投資は税務署が監視!

海外投資は税務署が監視!

海外投資をする方の疑問で、税務署に目を付けられるのでは?

そう考えている方がいるようです。


まあ確かに、そういった側面もあります。

海外送金200万円以上は、税務署から質問状が来ますし。

税務署は、海外への資金の流れをチェックしているのは事実です。


ですが。あなたが海外に流した資金が、

テロや、犯罪行為に使われるものでない限り、問題はありません。

税務署から質問が来ても、堂々と本当のことを言いましょう。


痛くも無い腹を探られるのは、嫌かもしれませんが、

違法な行為をしていなければ、問題はおこりません。


中入れ広告です、フォーマルな場所で使う真珠ですとそれなりの大きさ(サイズ7mm以上)あったほうがいいので値段は自然と高くなります。冠婚葬祭の真珠ネックレスの大きさ。広告ここまで

それと、海外送金をするときに覚えておいてほしいことがあります。

それは分散送金をしてはいけないということです。


200万円を超えると税務署から質問が来ます。

それを避けるために、複数の金融機関から送金するのは危険です。


A銀行から、199万円。B銀行から150万円。C金融機関から190万円。

こういったことをすると、100%ばれます。


日本の金融機関は、「名寄せ」と呼ばれるチェックをしているので、

分散送金は、確実にばれます。


同じ名義が、複数の金融機関から、同じ口座へ送金している。しかも、200万円を超えないようにして。ここまでやってしまうと、犯罪への関与を疑われます(笑)200万円を超える海外送金であっても、堂々と送金しましょう。

         

オフショア市場 【入門編】

関連エントリー

オフショア市場が5分で分かる なぜオフショアは儲かるの? オフショア市場のメリット。その① オフショア市場のメリット。その② オフショア市場  デメリット1 オフショア市場  デメリット2 海外投資は税務署が監視!